診療内容紹介

眼科一般

視力の低下、かすみ目、充血、ものもらいなど、目に関わる様々な病気を経験豊富な専門医が診断、治療いたします。日常のちょっとした違和感から、目に関するお悩み、お子様の弱視まで、眼科一般の診療を幅広く行っていますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

白内障・緑内障

白内障

白内障は、目の中にある水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。水晶体は、目の中でカメラのレンズと同じ働きをしているので、これが濁ってしまうと眼の中に入ってくる光の量が減って、物がはっきり見えなくなってしまいます。当院では、滋賀県内で初めて白内障の日帰り手術を実施した経験と実績にもとづいて、ひとり一人の患者様の症状やご希望に沿った治療を実施しています。

緑内障

緑内障は、日本における失明原因の第1位を占めている病気です。目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経に障害が起こり、視野が徐々に欠けていくのが主な症状ですが、通常は何年にもわたり非常にゆっくりとしたペースで進行するので、気がついた時にはかなり進んでいたということも珍しくありません。緑内障の治療には早期発見、早期治療が大変重要です。40歳を過ぎたら、症状がない場合でも、定期的に眼科検診を受けることをおすすめします。

網膜剥離

モノを見るために重要な「網膜」が、何らかの原因で浮き上がってしまうことを網膜剥離といいます。視界に黒い点やゴミのようなものが見えたり、雷のようにピカピカ光が走る。などの症状があります。原因は加齢による眼球の変化や目の打撲や近視が強い方にも起こりやすいと言われています。視界が悪くなってきたな。ゴミが浮いているように見えるなどの症状がある場合は早期に眼科を受診することをおすすめします。

VDT症候群

コンピュータディスプレイなどの表示機器を総称してVDT(Visual Display Terminal)といい、その機器を使用した作業を長時間続けることで、目や体、心に支障をきたす病気のことをVDT症候群といいます。はじめは肩がこる、首から腕が痛むなどの症状が起こり、次第に慢性的な背中の痛み、手指のしびれ、イライラなどいろいろな症状に進展していきます。パソコンなどの作業をされる際は1時間ごとに10~15分の休憩をとり、症状が改善されない場合は眼科での検査をおすすめします。

花粉症

毎年、同じ季節になると結膜炎が起きるのが花粉症です。アレルギーの主な原因は春先のスギ花粉ですが、初夏にはヒノキ、秋にかけてはブタクサなど、様々な花粉がアレルゲンとなります。花粉症が引き起こす結膜炎の中には、感染力の強いものや、視力に影響を与えるものもあります。自己判断のもとに市販点眼薬などの使用を続けるのではなく、眼科専門医の適切な診療を受け、正しい治療を行うことが重要です。

ドライアイ

涙は目の表面を覆い、目を守るバリアのような働きをしています。高齢化、エアコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズの利用などにともない、涙の量が不足したり、涙が蒸発しやすく、不安定になったりして目の表面に均等に行きわたらなくなる病気がドライアイです。乾燥した目は表面に傷がつきやすくなり、そのままにしておくと、目の表面だけでなく、角膜や結膜の健康が損なわれる可能性もあります。

眼精疲労(疲れ目)

目の使いすぎにより、目が痛い、かすむ、充血する、また肩こり、頭痛、めまいなどが起こるのが眼精疲労です。パソコンの使用や長時間にわたる細かな作業が原因となることが増えていますが、度の合わない眼鏡の使用や、老眼の初期などに症状が現れる場合もあります。眼精疲労が続くと、目だけでなく身体にも不調をきたしたり、また、原因として他の病気が関係していたりする可能性もありますので、「おかしい」と思ったらすぐに診察を受けられることをおすすめします。

成人病( 糖尿病、高血圧、動脈硬化)の眼底検査

目の不調から、身体の病気が発見されることは少なくありません。眼底は血管を直接肉眼で観察できる唯一の場所であるため、眼底検査の結果を眼科医が詳しく見ることで、高血圧や動脈硬化、糖尿病の合併症である網膜症などが見つかる事例も増えています。また高血圧を自覚されている方が、今の方法で治療効果が上がっているかを知るためにも、定期的な眼底検査は有効といえるでしょう。

眼鏡

視力が落ちた時、まず考えるのは「眼鏡を作ろうか」ということでしょう。ここで大切なことは、すぐに眼鏡店へ行くのではなく、まず、目に病気がないか、眼科での検査を受けることです。目が見えにくくなった時、それが近視や遠視といった屈折異常によるものなのか、他の目の病気が関わっているのかは、眼科専門医でなければ診断することができません。病気の場合、治療が手遅れになることを防ぐためにも、まずは眼科を受診して目の状態を診察してもらうことが重要です。

コンタクトレンズ処方

さまざまな技術の発展にともない、コンタクトレンズの品質も大きく向上しました。しかしその一方で、コンタクトレンズの誤った使用が原因で目の健康被害を訴える方が増加しています。当院では、患者様の目の安全を最優先に考え、一人ずつの症状や生活スタイルに合ったレンズを選び処方しています。また、コンタクトレンズの使用に関する不安や心配なども、お気軽にご相談ください。

〒524-0022 滋賀県守山市 守山一丁目10-8 

診療内容|眼科一般白内障・緑内障/仮性近視治療/VDT 症候群/アレルギー性結膜炎(花粉症)/網膜剥離/ドライアイ、眼精疲労(疲れ目)/成人病( 糖尿病、高血圧、動脈硬化)の眼底検査/眼鏡・コンタクトレンズ処方

Tel: 077-582-2139 

滋賀県守山市の眼科 | 岸本眼科携帯用QRコード

http://wfasite9.xsrv.jp/kishimotoganka/

URLをメールで送る

Copyright©2020 All Rights Reserved